俳句の切れ・切れ字

 「季語」と「定型」の他に、俳句にはもうひとつ欠かせない要素があります。
 それは、「切れ・切れ字」です。

 俳句を江戸前の握り鮨に例えたとき、季語をネタ(魚)、それを受け止める定型をシャリ(酢飯)とするならば、切れ・切れ字は、味を引き締めるサビ(山葵)のように大事なものと言えるでしょう。

 ここでは、初心者に向けて、切れ・切れ字とは何かを、私なりに説明してみたいと思います。

一.切れ  ◆◆◆

 次の二句を見てください。

  @ 対岸の歩幅に合はせ青き踏み 
  A 引き出しの石握りしめ春を待ち

 動詞の連用形で終わっている上の二句は、散文的な訳文を書いてみると、次のようになります。

 @ 川の対岸を行く人と歩幅を合わせながら春の青草を踏み、
 A 引き出しの中にあった石を握りしめて春を待ち、

 つまり、@Aの訳文には、句読点のうちの読点「、」を打つをことはできますが、句点「。」を打つことはできません。
 そこで、@Aの句を、次のような俳句に改めてみます。

  B 対岸の歩幅に合はせ青き踏む (凡茶)  
  C 春待つや引き出しの石握りしめ (凡茶)

 こうすると、散文的な訳文を書いたときに、下のように句点「。」を打つことができます。

 B 川の対岸を行く人と歩幅を合わせながら春の青草を踏む。
 C 春を待つ。引き出しの中の石を握りしめて…

 このように、散文的な訳文を書いたときに句点「。」を打てる箇所、つまり、下の●を入れた箇所が、俳句における「切れ」の場所となります。

  B 対岸の歩幅に合はせ青き踏む● (凡茶)  
  C 春待つや●引き出しの石握りしめ (凡茶)

 俳句を作る際、初学の方は、@Aのような「切れ」の見当たらない俳句を作らぬよう心がけてください。
 歴史的な経緯は後日別のページで述べますが、俳句が俳句として成立するには、「切れている」部分が必要なのです。

 なお、ここでは、わかりやすさのために俳句という韻文を散文のように訳してみましたが、本来俳句は散文になおして味わうものではありません。
 韻文のまま、そのリズム、調べを楽しむものですので、常に散文化して解釈するような癖はつけないでください。


二.切れ字  ◆◆◆

 「切れ」の直前に置かれた単語を「切れ字」と言います。
 つまり、句中や句末において、表現を断ち切り、その直後に余情を生み出す語が切れ字です

 まずは、句中に切れ字のある俳句を、いくつか見てみましょう。
 ●の置かれた部分で俳句は切れています。

  D やどかりや●怪雲壊れただの雲 (凡茶)  
  E 尼寺の置きたるごみや●鶴渡る (凡茶)
  F げんげ田に放ちて追へり●竹とんぼ (凡茶)  
  G 糸取りの祖母逝きにけり●雪解雨 (凡茶)
  H 母さんに刈られし頭●青田道 (凡茶)  

 上の例においては、DEの切れ字は「や」、Fの切れ字は「り」、Gの切れ字は「けり」、Hの切れ字は「頭」となります。
 句中に切れ字がある場合、切れ字の直後に「間」が生まれ、その「間」が情趣を醸し出します。

 次に、句末に切れ字のある俳句を見てみましょう。

  I 豊年の星見て待てる始発かな● (凡茶)  
  J 鳴き砂にたんぽぽの絮埋もれけり● (凡茶)
  K ふらここの鎖に泥の乾きたり● (凡茶)
  L 蟷螂の共食ひ鎌を食ひ残す● (凡茶)  
  M 桜貝納めて贈るオルゴール● (凡茶)

 上の例においては、Iの切れ字は「かな」、Jの切れ字は「けり」、Kの切れ字は「たり」、Lの切れ字は「食ひ残す」、Mの切れ字は「オルゴール」となります。
 句末に切れ字がある場合、切れ字の直後に余韻が広がります。

 室町時代、連歌師の宗祇は、連歌の発句(俳句のもとになったもの。詳しくは、こちらをクリック)に用いる切れ字として、かな、けり、もがな、し、ぞ、か、よ、せ、や、れ、つ、ぬ、へ、ず、いかに、じ、け、らんの18字を挙げました。

 しかし、俳句の作者が「切ろう!」という意思を持って用いた語は、全て切れ字になり得ると私は考えています。
 例えば、上に示した例のうち、「り」「頭」「たり」「食い残す」「オルゴール」の各語は、宗祇の挙げた18字の中には入っていませんが、例句の中では、切れ字としての役目をしっかりと果たしています。

 松尾芭蕉はこのことに関して次のように言っています。

   「切字に用ひる時は、四十八時皆切字也。用ひざる時は、一字も切字なし」 


三.切れ字の代表格 〜や・かな・けり〜  ◆◆◆

 上では、俳句の作者が「切ろう!」という意思を持って用いた語は、全て切れ字になり得ると述べました。
 ただ、数多くある切れ字の中でも、「」「かな」「けり」の三語は、特に強く詠嘆の意が込められる切れ字の代表格と言えます。

 ですから、初心者は、この三つの切れ字を意識して多用し、早めに扱いに慣れる必要があります。
 別のページで「」「かな」「けり」のそれぞれについて、用い方などを詳述しています。



≪おすすめ・俳句の本≫

カラー版 初めての俳句の作り方
―写真を見ながらすぐ句作ができる
 石 寒太著
==============================
■ 写真を見ながら俳句を勉強できる画期的な入門書です!


 俳句のきまりごとや技術的なこともしっかり学べる入門書ですが、この本の最大の長所は、写真が豊富であるという点です。

 俳句は、実際に風景や花などを見ながら勉強すると上達が早いのですが、この本があれば、家に居ながらにして、季節の景物を視覚で楽しみながら、俳句をひねることができます。

 今、大人気の一冊です。



俳句の入口 〜作句の基本と楽しみ方 藤田湘子著
==============================
■ 俳句はリズムである… 大切なことを教えてくれた一冊です。


 左の本に出会うまでは、伝えたいこと、表現したいことを無理やり五七五の定型に詰め込むような俳句作りをしていました。

 つまり以前の私にとって、定型は約束事だから仕方なしに守る制約にすぎなかったのです。

 しかし、この本を読んで、俳句は韻文であり、大切なのはリズムであることを知ると、定型、切れ字等の大切さが少しずつわかるようになっていきました。

 「意味」から「音」へ!
 私の俳句に対する意識を大きく変えてくれた一冊です。




俳句の作り方 〜初心者入門と季語・切れ字の使い方〜
●● トップページへ ●●


姉妹サイト 「季語めぐり 〜俳句歳時記〜」へ
posted by 凡茶 at 03:31 | Comment(1) | 俳句における切れ字の使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど。知りませんでした。
注意してやってみます。
Posted by みる at 2011年01月20日 14:50