なぜ俳句は「有季定型」なのか?

 俳句は季語を入れて、五・七・五音で作るのが原則です。
 この原則を「有季定型」と言います。

 季語が有り、五・七・五音の定まった型をしている詩こそが、俳句であるというわけです。

 では、なぜ、俳句は有季定型で作られるようになったのでしょうか?
 これを理解していただくために、ごくごく簡単ですが、俳句のルーツを知っていただきたいと思います。


■ 俳諧の連歌(はいかいのれんが)

 人間の祖先がサルであるように、俳句にも祖先があります。
 それが室町時代末期から江戸時代にかけて行われていた「俳諧の連歌」です。

 俳諧は元来、たわむれ、おどけの意を表す言葉で、俳諧の連歌とは、「従来の連歌のように格式張らず、世俗的な言葉も使って楽しむ連歌」でありました。
 
 松尾芭蕉も、与謝蕪村も、小林一茶も、俳諧の連歌を生業とする俳諧師でありました。
 だから、彼らを、すぐれた「俳句」を作った人と形容するのは、本当は正確さに欠くのです。

 さて、この俳諧の連歌とは、次のような遊びでした。

 まず、誰かが五・七・五音の句(長句)を詠みます。
 この第一句目を発句(ほっく)と言います。

 この発句を踏まえて、別のだれかが七・七音の句(短句)を付けます。
 この第二句目を脇と言います。

 次にこの脇に付く長句を、誰かが第三句目として詠みます。

 このように長句と短句を交互に詠んでいき、三十六句目まで続けます。
 これが俳諧の連歌です。
 なんとも楽しそうな遊びですね。

 なお、最後の三十六句目は、挙句(あげく)と言います。
 今でもよく用いられる「挙げ句の果て」という慣用句は、ここから来ています。


■ 発句は時候の挨拶(あいさつ)

 この俳諧の連歌には、いくつか決まりごとがあったのですが、一番最初に詠まれる発句には、時候の挨拶がわりにその時々の季語を入れるのが習いでした。

 そう、この季語を入れて詠んだ「俳諧の連歌の発句」こそが、現代の俳句の直接の祖先なのです!

 芭蕉も蕪村も一茶も、俳諧の連歌を楽しむ中で、この発句作りには特に力を入れていました。


■ 俳諧の連歌から俳句へ

 明治時代、「柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺」の名句で知られる正岡子規は、複数人で行う俳諧の連歌を否定しました。
 そして、季語を入れ五・七・五音で詠む従来の「俳諧の連歌の発句」を、新たに「俳句」として一人立ちさせ、個人で創作できる文芸へと変えることに成功しました。

 ここに、有季定型で作る「俳句」が誕生したわけです。

 俳句が有季定型で作られるようになったのには、このような歴史的背景があるのです。



≪おすすめ・俳句の本≫

佳句が生まれる「俳句の形」 凡茶
==============================
■ 当サイトの筆者が執筆したKindle本(電子書籍)です!

 この本は、当サイトの筆者である凡茶が書いたKindle(キンドル)本です。Kindle本については、下で説明します。

 さて、俳句には、読者の心に響く美しい形というものがいくつか存在します。

 例えば、次の名句は、いずれも中七の後ろを「けり」で切り、座五に名詞を据える形をしています。

  ●凩(こがらし)の果(はて)はありけり海の音(言水)
  ●ひた急ぐ犬に会ひけり木の芽道(中村草田男)

 また、次の名句は、いずれも名詞で上五の後ろを切り、句末は活用語の終止形で結ぶ形をしています。 

  ●芋の露連山影を正しうす(飯田蛇笏)
  ●秋の暮大魚の骨を海が引く(西東三鬼)

 筆者(凡茶)も、名句の鑑賞を通じて、このような美しい俳句の形を使いこなせるようになることで、次のような自信作を詠むことができました。

  ●糸取りの祖母逝きにけり雪解雨(凡茶)
  ●露の玉工場ドスンと始まりぬ(凡茶)

 この本は、こうした佳句の生まれやすい美しい俳句の形を、読者の皆様に習得していただくことを目的としています。

 左上の画像(Amazonへのリンク)をクリックすると、本著の詳しい内容紹介や目次を見られるページが開くので、気軽に訪れてみて下さい。

 なお、この本は、前著『書いて覚える俳句の形 縦書き版/横書き版』(既に販売終了)を、書き込み型テキストから「純粋な読み物」に改め、気軽に楽しめる電子書籍の形に書き変えて上梓したものです。

 あちこち加筆・修正はしてあるものの、内容は重複する部分が多いので、すでに前著『書いて覚える俳句の形』をお持ちの方は、本著の新たな購入に際しては慎重に検討してください


●Kindle本について

 Kindle(キンドル)本とは、Amazonで購入できる電子書籍のことです。

 パソコン・スマホ・タブレットなどに無料でダウンロードできるKindleアプリを使って読むことができます。

 あるいは、紙のように読めて目に優しく、使い勝手も良い、Kindle専用の電子書籍リーダーで、快適に読むことも出来ます。

  

   



新版20週俳句入門 藤田湘子著
==============================
■ どこに出しても恥ずかしくない俳句を詠めるようになる本です

 昭和63年に出された旧版『20週俳句入門』があまりにも優れた俳句の指導書であったため、平成22年に改めて出版されたのが、この『新版20週俳句入門』です。

 この本は、
   〔型・その1〕 季語(名詞)や/中七/名詞
   〔型・その2〕 上五/〜や/季語(名詞)
   〔型・その3〕 上五/中七/季語(名詞)かな
   〔型・その4〕 季語/中七/動詞+けり

 の4つの型を、俳句を上達させる基本の型として、徹底的に読者に指導してくれます。

 これらをしっかり身につけると、どこに出しても恥ずかしくない俳句を詠めるようになるでしょう。

 王道の俳句を目指す人も、型にとらわれない斬新な俳句を目指す人も、一度は読んでおきたい名著です。





俳句の作り方 〜初心者入門と季語・切れ字の使い方〜
●● トップページへ ●●


姉妹サイト 「季語めぐり 〜俳句歳時記〜」へ
posted by 凡茶 at 05:30 | Comment(0) | 入門 〜俳句の作り方〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント