「けり」 〜代表的な俳句の切れ字B〜

 俳句の切れ・切れ字のページで、「」「かな」「けり」の三語は、特に強く詠嘆の意が込められる切れ字の代表格であると述べました。
 このページでは、それら三つの切字のうち、「けり」について詳しく勉強します。


一.どのような語の後ろに「けり」を付けられるか?

 「けり」は活用語、すなわち、動詞、形容詞、形容動詞、助動詞の連用形の後ろに置きます(接続します)。
 以下の例を参考にしてみてください。

■ 動詞の連用形(赤字)の後ろに「けり」を置いた俳句の例

  @月天心貧しき町を通りけり (与謝蕪村)
      月天心=つきてんしん。天頂の辺りまで上った月。

  A大根引大根で道を教へけり (小林一茶)
      この句では大根を「だいこ」と読む。大根引=大根を畑から引き抜く百姓。

  B作り滝止み照明の残りけり (凡茶)
      作り滝=人工の滝。

■ 形容詞の連用形(赤字)の後ろに「けり」を置いた俳句の例

  C赤とんぼ筑波に雲もなかりけり (正岡子規)
      筑波=筑波(つくば)山のこと。

■ 形容動詞の連用形(赤字)の後ろに「けり」を置いた俳句の例

  D琴の音のしづかなりけり震災忌 (山口青邨)
      震災忌=しんさいき。関東大震災の起こった九月一日。

■ 助動詞の連用形(赤字)の後ろに「けり」を置いた俳句の例

  E花ちりて木間の寺となりけり (与謝蕪村)
      木間=このま。木々の間。

  F御柱御幣を轢いて行きけり (凡茶)
      御柱=おんばしら。長野県の諏訪大社の御柱祭(おんばしらまつり)の際、町中を牽いて回る巨大な神木。
      御幣=おんべ。御柱祭の際、氏子(祭りの参加者)が手に持つ飾りのついた棒。
      轢く=ひく。

  G鶏頭が立往生をしたりけり (小林一茶)
      立往生=たちおうじょう。経ったまま息絶えること。ここでは、鶏頭が立ち枯れたことを指す。

 
 は完了の助動詞「ぬ」の連用形、たりは完了の助動詞「たり」の連用形です。

 そして、「けり」も「たりけり」も、「…てしまったなあ」「…たことだなあ」と、しみじみ感慨にふけるような感じを表わします。

 つまり、Eの蕪村の句は、「桜が散り、この寺も、木々の間にただ静かにたたずむ寺になってしまったことだなあ。」のような句意になります。

 また、Gの一茶の句は、「真っ赤だった鶏頭の花も、(弁慶の立往生のように)立ったまま枯れてしまったことだなあ。」のような句意になります。


 以上、@〜Gの例句を見てきましたが、皆さんが特によく作ることになるのは、@〜Bのような「動詞の連用形+けり」の俳句と、E,Fのような「動詞の連用形+に+けり」の俳句だと思われます。

 歳時記の例句などをお手本に、必ず作り慣れるようにしてください。


二.切れ字「けり」のある俳句の味わい方

 ここでは、初心者が、切れ字「けり」の付いた俳句をどのように味わったらよいか、そのコツを述べてみたいと思います。
 「味わい方(=読み方)」がわかってくれば、おのずと「用い方(=詠み方)」も上達してくるでしょう。

 「けり」は、それまで気付かずにいたことに「ハッ!」と気付いたときの感慨を表現する助動詞なので、俳句においても基本的にはそのように用いられていると考えればよいでしょう。
 例を見てみます。

  H枯れ芦の日に日に折れて流れけり (高桑闌更)

 この句は、「川辺の芦(アシ)も日に日に枯れて折れていき、気がつけばずいぶんと川に流されてしまったものだなあ。」のような句意になります。

  I鳴き砂にたんぽぽの絮埋もれけり (凡茶)

 この句は、「歩くとキュッ、キュッとなる浜辺の鳴き砂に、どこからか飛んできたたんぽぽの絮(わた)が、埋もれてしまったなあ。」のような句意になります。

 ここで、上の二句は、いずれも俳句の作者が、自分の外側で起こった出来事を詠んだものです。
 もし、作者の外側で起こった出来事ではなく、作者自身の行動を詠んだ俳句に「けり」がついていた場合は、その句をどう味わったらよいのでしょうか。

 この場合は、「けり」を「ハッ!」と気付いたときの感慨を示したものと捉えると、少し句を解釈しづらくなってしまうので、作者が自分のとった行動、あるいは、今とっている行動を顧みて、感慨にふけっている様子を思い浮かべればよいと思います。
 例を見てみます。

  J葱買うて枯れ木の中を帰りけり (与謝蕪村)
      この句では、葱を「ねぎ」ではなく「ねぶか」と読む。

 この句は、「買った葱を携えて、寒々とした枯れ木の中を、一人帰ってきたことだよ。」のような句意になります。

  K木に登りヨットの恋を眺めけり (凡茶)

 この句は、「沖で楽しそうにしている二隻のヨットを、僕は木の上から眺めているのだった…」のような句意になります。


三.俳句のどこに「けり」を置くべきか?

 「けり」は句末、すなわち一句の一番最後に持ってくるのが、最も基本的な用い方です。
 実際、和歌や俳諧には「けり」で締めくくられるものが多いため、「けりがつく」という慣用句が生まれました。

 最後が「けり」で終わる俳句の例を、いくつか見てみましょう。

■ 一句の途中に意味上の「切れ」のない例

  L心からしなのの雪に降られけり (小林一茶)
      しなの=信濃。今の長野県。

  M大蛍ゆらりゆらりと通りけり (小林一茶)

■ 上五と中七以下の間に意味上の「切れ」がある例

  N月天心貧しき町を通りけり (与謝蕪村)
      月天心=つきてんしん。天頂の辺りまで上った月。

  O赤とんぼ筑波に雲もなかりけり (正岡子規)
      筑波=筑波(つくば)山のこと。

 上に掲げた通り、句末に「けり」のある俳句を作る場合、上五と中七以下の間が、意味の上で切れるような作り方もよくします。

 例えば、例句Nでは、上五の「月天心」と中七以下の「貧しき町を通りけり」はよく響き合い、二物衝撃の効果を醸し出していますが、意味の上での直接の関わりはありません。

 例句Oの、「赤とんぼ」と「筑波に雲もなかりけり」も同じです。
 赤とんぼと筑波山という別々のものが、一つの文脈で結ばれることなく、一句の中で並存しています。

 私もそうでしたが、初心者の頃は、例句NOのような型の句をあまり作れないので、意識して詠み、身につけましょう。


■ 中七の最後に「けり」を置き座語に名詞を据えた例

 切れ字の「けり」は、一句の最後に置くのが基本ですが、中七の最後に「けり」を持ってきた俳句もたくさん存在します。

 また、この場合、座五は名詞にするとすわりが良くなります。
 以下の例句を参考にしてみてください。

  P大の字に寝て見たりけり雲の峰 (小林一茶) 

  Q島々に灯をともしけり春の海 (正岡子規)

  R糸取りの祖母逝きにけり雪解雨 (凡茶)
      糸取り=製糸工場の女工。


四.「や」「かな」の余韻と「けり」の余韻

 俳人は、「や」「かな」「けり」で俳句が切れると、その切れた部分に生じる独特の余韻を楽しみます。

 ただ、この余韻は、「や」「かな」と「けり」とでは、少し異なっているように思えます。

 私は、「や」と「かな」で俳句が切れると、その後にジワーッと広がるような余韻を感じます。

 一方、「けり」の後には、スーッと消え入るような余韻を感じます。

 俳句を作る際、あるいは鑑賞する際の参考にしてください。


≪おすすめ商品≫

歳時記の収録されている電子辞書
==============================
CASIO エクスワード XD-D6500RD



 以前は、句会・吟行といえば、辞書や歳時記などを持参しなければならず、これが結構重いものでした。

 しかし、今は歳時記入りの電子辞書が登場したおかげで、ずいぶん持ち物が軽くなりました。

 例えば、左の電子辞書には、次の歳時記が納められています。

合本俳句歳時記 四訂版
現代俳句歳時記
(春・夏・秋・冬・無季)
ホトトギス俳句季題便覧


 また、次のような収録コンテンツも、きっと俳句の実作、吟行に役立つでしょう。

広辞苑 第六版
全訳古語辞典 第三版
漢語林


 読めない漢字も手書きで検索できますし、俳人にとっては実にありがたいですね!

 この電子辞書には、他にも、百科事典や、日本と世界の文学作品(各1000作品)等、さまざまなコンテンツが収められていて、とにかく飽きません。
 世の中便利になったものです。




カラー版 新日本大歳時記 愛蔵版
==============================
■ 写真・絵の豊富な大歳時記です!


 『カラー版 新日本大歳時記』は、かつて春・夏・秋・冬・新年の全5巻に分けて発売され、大ベストセラーとなった歳時記です。

 “愛蔵版”は、その内容が一冊にまとめられたもので、購入しやすい値段となりました。

 この歳時記は、季語の詳しい解説や古今の名句に加え、写真や絵も豊富に掲載されていて、俳句の勉強になるのはもちろんのこと、鑑賞していて飽きない芸術性の高い一冊でもあります。

 私は、愛蔵版が出る前の全5巻を持っているのですが、この歳時記のおかげで俳人としてスキルアップし、かつ、日本の風土と文化の素晴らしさを再確認することができました。
 この歳時記は、私の俳句生活におけるかけがえのないパートナーであり、大切な財産でもあります。




俳句の作り方 〜初心者入門と季語・切れ字の使い方〜
●● トップページへ ●●


姉妹サイト 「季語めぐり 〜俳句歳時記〜」へ

posted by 凡茶 at 04:56 | Comment(0) | 俳句における切れ字の使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント