句会の方法・進め方 〜俳句の投句・選句・披講〜

 俳句結社に所属する人、企業や学校の俳句クラブなどに所属する人が同じ場所に集まり、持ち寄った俳句を鑑賞、評価し合う場が「句会」です。
 ここでは、一般的な句会の方法・進め方を、紹介したいと思います。

■ 投句

 句会に参加する人は、会場に到着すると、まずは投句用紙を渡されます。
 投句用紙は短冊状に切られており、参加者一人に対し、二〜三枚程度渡されるのが普通です。
 その渡された枚数が、一人あたりの投句数となります。

 投句用紙を渡された参加者は、あらかじめ作っておいた俳句を、投句用紙一枚につき一句、無記名で書き入れていきます。
 その際、他の人が読んでもわかりやすいように、楷書で丁寧に書くことが重要です。
 あまり達筆なのは困ります。

 もし、他の人から欠席投句を預かっている場合は、その人の分も投句用紙を受け取り、代筆します。

 持参した俳句をすべて投句用紙に記入したら、それを幹事さんに渡します。
 これで投句は完了です。

 なお、投句する俳句については、句会が催される季節の季語を入れて詠んだ俳句ならば、他に制約は設けられないのが一般的です。
 このような投句の方式を「当季雑詠(とうきざつえい)」と呼びます。

 これに対し、あらかじめ用いるべき季語や言葉が決められていて、そのルールに基づいて作った俳句を持ち寄る方式を「兼題」と呼びます。
 また、当日、会場に着いてからお題が与えられ、その場で俳句をひねってから投句する方式として、「席題」や「袋回し」と呼ばれるものがあります。
 「兼題」「席題」「袋回し」については、別のページで詳しく説明します。

■ 清記

 全員の投句が済んだら、幹事さんは、誰から投句されたものかわからなくなるように投句用紙をよく混ぜ合わせ(シャッフルし)、参加者全員に配りなおします。
 一人当たりに配られる枚数は、欠席投句が無ければ投句数と同じですが、欠席投句があった場合は、投句数より若干多くなります。

 投句用紙の配りなおしが済んだら、次は清記用紙の記入になります。
 普通、清記用紙には、「用紙番号」を記入する欄と、「俳句」を書き入れる欄が設けられています。

 ○「用紙番号」の記入
 清記用紙には、その後の句会をスムーズに進行させるために、用紙番号を振ります。
 普通は、俳句会の主宰者が「1」と声に出しながら、手元にある清記用紙に「1」と記入し、次に、その右側の席に座る人が「2」と声に出しながら、手元の清記用紙に「2」と記入します。
 以降、同じ様にして、反時計回りに3、4、5…と番号を記入していきます。
 
 ○「俳句」の書き入れ
 用紙番号の記入が終わったら、配られた投句用紙に書かれている俳句を、手元の清記用紙へ丁寧に書き写していきます。
 この俳句の書き入れは、神経質なぐらい慎重に行い、誤字などの記入ミスを絶対しないように注意しましょう。
 もし自分のミスで、他の人が一生懸命作った俳句が、選句の際に低い評価を受けてしまったら大変なことです。
 丁寧に、丁寧に書き写しましょう。

 ところで、配られた投句用紙に、明らかに誤字と思われるものが含まれている場合はどう対処したらよいのでしょうか。
 実は、その場合は、ミスである可能性が高くても、投句用紙に記入されているままに俳句を書き写し、勝手に直したりしてはいけません。

 自分がミスと思う箇所も、もしかしたら投句者が何らかの考えを持って、そのような表現を用いた場合もあるからです。
 もし、それが本当にミスであった場合は、あとで述べる「選句」の際に、訂正が行われます。

■ 選句

 選句とは、投句された全ての俳句の中から、自分の作品以外で良いと思うものを決められた数だけ選び出して投票することを言います。
 以下、その手順を述べます。

 まず、参加者は、自分の書いた清記用紙の中に気に入る俳句があれば、それを持参したノートや下書き用紙などに書き出します。
 その際、用紙番号も書き出した俳句に添えて書いておきます。

 その作業が済んだら、手元の清記用紙を左隣の人に渡し、右隣の人から次の清記用紙を受け取ります。
 つまり、清記用紙を時計回りに回します。
 そして、受け取った清記用紙の中に気に入る俳句があったら、先ほどと同様に、用紙番号とともにその句をノートや下書き用紙などに書き出します。

 このような作業を繰り返し、全ての清記用紙が一周して、自分の書いたものが自分の手元の戻ってきたら、幹事さんは全ての清記用紙を回収します。

 そして参加者は、ノートや下書き用紙に書き出したお気に入りの俳句の中から、特に良いと思える作品を、決められた数だけ選んで、用紙番号の若い方から順に並べて選句用紙に書き入れます。
 選句用紙には、選句者名、すなわち自分の姓号(名前)と、選んだ俳句、および、その用紙番号を書く欄が設けてありますので、もれなく記入します。
 繰り返しになりますが、ここで自分の作った俳句を選んではいけません。
 すべて、他の人の作った俳句の中から選びます。

 なお、一人ひとりの参加者が選ぶ句の数は、一人あたりの投句数の倍くらいが適当だと思われます。
 つまり参加者一人の投句数が三句の句会なら、選句数は六句程度が妥当でしょう。

 ところで、自分の投句した句の書かれた清記用紙が自分の手元へ回ってきたときに、もしその句に誤字などがあれば、そこで訂正を加えてください。
 訂正は、どこをどう訂正したのかわかるように、赤ペンなどで行うとよいでしょう。
 訂正個所については、全ての清記用紙を回収したあと、幹事さんが参加者全員の前で発表します。

■ 披講(ひこう)

 参加者全員が選句を終えたら、幹事さんは選句用紙を回収して、披講者(読み手)に手渡します。
 披講とは、選句用紙に書かれた句を皆の前で読みあげることで、声の良い人などが披講者となります。

 披講者は、@披講者自身の選句、A一般参加者の選句、B主宰者の選句の順に、選ばれた句を披講していきます。
 披講にあたっては、選者名、俳句に添えられた用紙番号、俳句が読み上げられます。
 次にような具合に…

 「凡茶さん選。1番、新じゃがや野風の先の田舎富士。3番、木に登りヨットの恋を眺めけり。6番…」

 そして、この披講の際に、自分の投句した俳句が読み上げられた時は、大きな声で、自らの俳号(名前)を名乗ります。
 優れた句は、何度も読み上げられるので、その都度、晴れがましい気持ちで、俳号(名前)を名乗ります。

 俳人は、この披講の際に一回でも多く自分の号(名前)を名乗れるように、研鑽を積みます。

 なお、幹事さんは、披講の際には、先に集めた選句用紙に、「正」の字などで、得票数を書き入れていきます。
 その句会で生まれた佳句を、あとで見てすぐにわかるようにするためです。

■ 選評

 披講が済むと、そこからは主宰による選評の時間となります。
 主宰者は、投句された一つ一つの句に対し、評や助言を与えます。
 自分の句があまり選ばれなかった時は、大人であっても素直な気持ちで評価を聞くことができなくなるものですが、ここはしっかりと主宰の言葉に耳を傾け、今後の俳句作りに生かしていくことが必要です。

 なお、少人数の句会の場合は、主宰による選評のあとに、参加者相互の意見交換が行われることもあります。 
 自他の作品について楽しく語らい、これからの励みにしましょう。


 以上、句会の方法(進め方)を丁寧に述べてきましたが、俳句結社ごとに少しずつ異なるので、まずは自分が所属する結社の句会の流れを早めに把握しましょう。
 また、これから職場や学校などに趣味の俳句サークルを立ち上げる方は、参考にして、より楽しい句会の形式を作り上げていってください。 



≪おすすめ商品≫

歳時記の収録されている電子辞書
==============================
CASIO エクスワード XD-D6500RD



 以前は、句会・吟行といえば、辞書や歳時記などを持参しなければならず、これが結構重いものでした。

 しかし、今は歳時記入りの電子辞書が登場したおかげで、ずいぶん持ち物が軽くなりました。

 例えば、左の電子辞書には、次の歳時記が納められています。

合本俳句歳時記 四訂版
現代俳句歳時記
(春・夏・秋・冬・無季)
ホトトギス俳句季題便覧


 また、次のような収録コンテンツも、きっと俳句の実作、吟行に役立つでしょう。

広辞苑 第六版
全訳古語辞典 第三版
漢語林


 読めない漢字も手書きで検索できますし、俳人にとっては実にありがたいですね!

 この電子辞書には、他にも、百科事典や、日本と世界の文学作品(各1000作品)等、さまざまなコンテンツが収められていて、とにかく飽きません。
 世の中便利になったものです。




≪おすすめ歳時記(初心者向け)≫

今はじめる人のための俳句歳時記 新版 
==============================
■ 初心者のことを本当にわかっている歳時記です!


 これから俳句を始めてみようと思っている人、今後俳句を続けるかまだ決めかねているけど、とりあえず始めてみた人などのための歳時記です。

 @まず最初に使いこなせるようになりたい重要季語に的を絞っている、
 A覚えておきたい名句が例句として採用されている、
 B俳句Q&A・句会の方法など、初心者の知りたい情報を巻末にまとめてある、
 Cコンパクトで持ち運びに便利、
 D値段がお手頃


 …等、初心者がはじめに手元に置くには、最適の特徴を備えた歳時記です。

 「私が初学の頃にも、こんな歳時記があったらよかったのに…」と思える一冊です。



≪おすすめ歳時記(初心者&上級者向け)≫

合本俳句歳時記 第四版
==============================
■ 春夏秋冬・新年… コンパクトな一冊に日本の四季が詰まっています!


 合本俳句歳時記は、持ち運びに便利なサイズで、値段も手頃なのに、春夏秋冬・新年、全ての季節の季語が掲載されています。

 大学の俳句会に参加するようになった私が、初めて買った歳時記も合本俳句歳時記でした。

 踏青(春の季語)、薄暑(夏の季語)などそれまで知らなかった言葉や、髪洗ふ(夏の季語)、木の葉髪(冬の季語)など意外な季語と出会うことができ、毎晩、夢中になってページをめくったことを覚えています。

 当時の私が買ったのは第二版でしたが、左の『合本俳句歳時記・第四版』は、季語の解説や掲載されている類語がさらに充実し、初心者にも上級者にもお薦めです。
 これから俳句に誘ってみようと思っているお友達へのプレゼントにも最適です。



≪おすすめ歳時記(上級者向け)≫

カラー版 新日本大歳時記 愛蔵版
==============================
■ 写真・絵の豊富な大歳時記です!


 『カラー版 新日本大歳時記』は、かつて春・夏・秋・冬・新年の全5巻に分けて発売され、大ベストセラーとなった歳時記です。

 “愛蔵版”は、その内容が一冊にまとめられたもので、購入しやすい値段となりました。

 この歳時記は、季語の詳しい解説や古今の名句に加え、写真や絵も豊富に掲載されていて、俳句の勉強になるのはもちろんのこと、鑑賞していて飽きない芸術性の高い一冊でもあります。

 私は、愛蔵版が出る前の全5巻を持っているのですが、この歳時記のおかげで俳人としてスキルアップし、かつ、日本の風土と文化の素晴らしさを再確認することができました。
 この歳時記は、私の俳句生活におけるかけがえのないパートナーであり、大切な財産でもあります。




俳句の作り方 〜初心者入門と季語・切れ字の使い方〜
●● トップページへ ●●


姉妹サイト 「季語めぐり 〜俳句歳時記〜」へ
posted by 凡茶 at 18:01 | Comment(2) | 俳句会や吟行について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


兼題 〜俳句の句会の様々な形式@〜

 「句会の方法・進め方 〜俳句の投句・選句・披講〜」のページでは、一般的な句会の進め方を説明しました。
 そこでは、句会に投句する俳句は、句会が開催される季節の季語を入れて詠んだものならば、他に制約・約束事は設けられないのが普通であるいうことを述べました。
 そして、そのような自由な投句の方式を「当季雑詠(とうきざつえい)」と呼びます。

 この当季雑詠に対し、あらかじめ用いるべき季語や言葉が決められていて、そのルールにしたがって作った俳句を持ち寄る方式を「兼題」といいます。

 例えば梅雨時に行われる句会ならば、「梅雨」「蝸牛(カタツムリ)」「紫陽花(アジサイ)」などの季語が、よく兼題に選ばれます。
 あるいは、「犬」「猫」「靴」「鏡」など、季語以外の言葉が兼題として選ばれることもあります。

 次の二句は、おそらく私が始めて参加した兼題の句会に持っていった俳句だったと記憶しています(ずいぶん昔のことで、少し曖昧な記憶ですが…)。
 この時の兼題は「雷」(かみなり・らい)でした。

  豚積んでトラック雷をくぐりゆく (凡茶)

  遠雷や病床の父髭を剃る (凡茶)

 兼題で句会を行うことのメリットは二つあります。

 一つは、句会までの数日間から数週間、兼題となった季語・言葉とじっくり向き合うことができるということです。
 その季語や言葉を使って繰り返し俳句を作っているうちに、季語・言葉が深い所にかくし持っていたイメージ、季語・言葉の持つリズムや調べ、季語・言葉の持つ歴史などが見えてきて、とても勉強になります。 
 
 もう一つは、句会における選句の目を養うことができるということです。
 兼題の場合、参加者はあらかじめ用いられる季語や言葉についてじっくり勉強し、例句などを味わい尽くしてから句会に臨みますから、俳句を鑑賞する能力が高まっています。
 そのような状態で選句をすると、それまでには持てなかった視点で、句を冷静に、客観的に、適切に評価できるものです。

 そういったわけで兼題の句会は、自らの俳句作りの実力を高めるのにとても役立ちます。
 初心者の方は、できるだけ積極的に兼題の句会に参加しましょう。



≪おすすめ商品≫

歳時記の収録されている電子辞書
==============================
CASIO エクスワード XD-D6500BK


 以前は、句会・吟行といえば、辞書や歳時記などを持参しなければならず、これが結構重いものでした。

 しかし、今は歳時記入りの電子辞書が登場したおかげで、ずいぶん持ち物が軽くなりました。

 例えば、左の電子辞書には、次の歳時記が納められています。

合本俳句歳時記 四訂版
現代俳句歳時記
(春・夏・秋・冬・無季)
ホトトギス俳句季題便覧


 また、次のような収録コンテンツも、きっと俳句の実作、吟行に役立つでしょう。

広辞苑 第六版
全訳古語辞典 第三版
漢語林


 読めない漢字も手書きで検索できますし、俳人にとっては実にありがたいですね!

 この電子辞書には、他にも、百科事典や、日本と世界の文学作品(各1000作品)等、さまざまなコンテンツが収められていて、とにかく飽きません。
 世の中便利になったものです。




≪おすすめ歳時記(初心者向け)≫

今はじめる人のための俳句歳時記 新版 
==============================
■ 初心者のことを本当にわかっている歳時記です!


 これから俳句を始めてみようと思っている人、今後俳句を続けるかまだ決めかねているけど、とりあえず始めてみた人などのための歳時記です。

 @まず最初に使いこなせるようになりたい重要季語に的を絞っている、
 A覚えておきたい名句が例句として採用されている、
 B俳句Q&A・句会の方法など、初心者の知りたい情報を巻末にまとめてある、
 Cコンパクトで持ち運びに便利、
 D値段がお手頃


 …等、初心者がはじめに手元に置くには、最適の特徴を備えた歳時記です。

 「私が初学の頃にも、こんな歳時記があったらよかったのに…」と思える一冊です。



≪おすすめ歳時記(初心者&上級者向け)≫

合本俳句歳時記 第四版
==============================
■ 春夏秋冬・新年… コンパクトな一冊に日本の四季が詰まっています!


 合本俳句歳時記は、持ち運びに便利なサイズで、値段も手頃なのに、春夏秋冬・新年、全ての季節の季語が掲載されています。

 大学の俳句会に参加するようになった私が、初めて買った歳時記も合本俳句歳時記でした。

 踏青(春の季語)、薄暑(夏の季語)などそれまで知らなかった言葉や、髪洗ふ(夏の季語)、木の葉髪(冬の季語)など意外な季語と出会うことができ、毎晩、夢中になってページをめくったことを覚えています。

 当時の私が買ったのは第二版でしたが、左の『合本俳句歳時記・第四版』は、季語の解説や掲載されている類語がさらに充実し、初心者にも上級者にもお薦めです。
 これから俳句に誘ってみようと思っているお友達へのプレゼントにも最適です。



≪おすすめ歳時記(上級者向け)≫

カラー版 新日本大歳時記 愛蔵版
==============================
■ 写真・絵の豊富な大歳時記です!


 『カラー版 新日本大歳時記』は、かつて春・夏・秋・冬・新年の全5巻に分けて発売され、大ベストセラーとなった歳時記です。

 “愛蔵版”は、その内容が一冊にまとめられたもので、購入しやすい値段となりました。

 この歳時記は、季語の詳しい解説や古今の名句に加え、写真や絵も豊富に掲載されていて、俳句の勉強になるのはもちろんのこと、鑑賞していて飽きない芸術性の高い一冊でもあります。

 私は、愛蔵版が出る前の全5巻を持っているのですが、この歳時記のおかげで俳人としてスキルアップし、かつ、日本の風土と文化の素晴らしさを再確認することができました。
 この歳時記は、私の俳句生活におけるかけがえのないパートナーであり、大切な財産でもあります。



俳句の作り方 〜初心者入門と季語・切れ字の使い方〜
●● トップページへ ●●


姉妹サイト 「季語めぐり 〜俳句歳時記〜」へ
posted by 凡茶 at 19:07 | Comment(0) | 俳句会や吟行について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


席題 〜俳句の句会の様々な形式A〜

 句会の当日、俳句に詠み込む季語や言葉が、はじめて参加者に告げられるような句会の方式を「席題」と呼びます。

 席題の句会では、会場の目立つ場所に席題を書いた紙などが貼られており、参加者は、会場に到着してそのお題を見てから、即興の俳句を作り投句します。
 なお、投句後の句会の進行は、一般的な句会と同様になります。

 前もってお題が告げられている「兼題」の場合は、参加者は何日もかけて納得のいく俳句を仕上げてくることができます。
 しかし、「席題」ではそうはいきません。

 席題の句会では、これまでに培ってきた知識・技量と想像力とをフルに働かせて、その場に無いものを短時間で詠まなくてはなりません。

 例えば、「新蕎麦」が席題とされた場合は、過去に新蕎麦を味わった体験などを思い出しながら、実際にはそこに無い蕎麦をまるでツルツルすすりながら詠んだような、リアリティのある俳句を生み出さねばなりません。

 ゆえに、席題は初心者にはかなり難しい句会の方式であるといえます。

 ですが、少し慣れてきた俳句作者にとっては、席題句会は思いがけない佳句が生まれたりする、とても楽しい時間となります。

 はじめはトンチンカンな句を作ったりしてしまうこともありますが、恥を恐れずに積極的に席題の句会に参加し、想像力を高めていきたいものです。



≪おすすめ商品≫

歳時記の収録されている電子辞書
==============================
CASIO エクスワード XD-D6500GD


 以前は、句会・吟行といえば、辞書や歳時記などを持参しなければならず、これが結構重いものでした。

 しかし、今は歳時記入りの電子辞書が登場したおかげで、ずいぶん持ち物が軽くなりました。

 例えば、左の電子辞書には、次の歳時記が納められています。

合本俳句歳時記 四訂版
現代俳句歳時記
(春・夏・秋・冬・無季)
ホトトギス俳句季題便覧


 また、次のような収録コンテンツも、きっと俳句の実作、吟行に役立つでしょう。

広辞苑 第六版
全訳古語辞典 第三版
漢語林


 読めない漢字も手書きで検索できますし、俳人にとっては実にありがたいですね!

 この電子辞書には、他にも、百科事典や、日本と世界の文学作品(各1000作品)等、さまざまなコンテンツが収められていて、とにかく飽きません。
 世の中便利になったものです。



≪おすすめ歳時記(初心者向け)≫

今はじめる人のための俳句歳時記 新版 
==============================
■ 初心者のことを本当にわかっている歳時記です!


 これから俳句を始めてみようと思っている人、今後俳句を続けるかまだ決めかねているけど、とりあえず始めてみた人などのための歳時記です。

 @まず最初に使いこなせるようになりたい重要季語に的を絞っている、
 A覚えておきたい名句が例句として採用されている、
 B俳句Q&A・句会の方法など、初心者の知りたい情報を巻末にまとめてある、
 Cコンパクトで持ち運びに便利、
 D値段がお手頃


 …等、初心者がはじめに手元に置くには、最適の特徴を備えた歳時記です。

 「私が初学の頃にも、こんな歳時記があったらよかったのに…」と思える一冊です。



≪おすすめ歳時記(初心者&上級者向け)≫

合本俳句歳時記 第四版
==============================
■ 春夏秋冬・新年… コンパクトな一冊に日本の四季が詰まっています!


 合本俳句歳時記は、持ち運びに便利なサイズで、値段も手頃なのに、春夏秋冬・新年、全ての季節の季語が掲載されています。

 大学の俳句会に参加するようになった私が、初めて買った歳時記も合本俳句歳時記でした。

 踏青(春の季語)、薄暑(夏の季語)などそれまで知らなかった言葉や、髪洗ふ(夏の季語)、木の葉髪(冬の季語)など意外な季語と出会うことができ、毎晩、夢中になってページをめくったことを覚えています。

 当時の私が買ったのは第二版でしたが、左の『合本俳句歳時記・第四版』は、季語の解説や掲載されている類語がさらに充実し、初心者にも上級者にもお薦めです。
 これから俳句に誘ってみようと思っているお友達へのプレゼントにも最適です。



≪おすすめ歳時記(上級者向け)≫

カラー版 新日本大歳時記 愛蔵版
==============================
■ 写真・絵の豊富な大歳時記です!


 『カラー版 新日本大歳時記』は、かつて春・夏・秋・冬・新年の全5巻に分けて発売され、大ベストセラーとなった歳時記です。

 “愛蔵版”は、その内容が一冊にまとめられたもので、購入しやすい値段となりました。

 この歳時記は、季語の詳しい解説や古今の名句に加え、写真や絵も豊富に掲載されていて、俳句の勉強になるのはもちろんのこと、鑑賞していて飽きない芸術性の高い一冊でもあります。

 私は、愛蔵版が出る前の全5巻を持っているのですが、この歳時記のおかげで俳人としてスキルアップし、かつ、日本の風土と文化の素晴らしさを再確認することができました。
 この歳時記は、私の俳句生活におけるかけがえのないパートナーであり、大切な財産でもあります。


 

俳句の作り方 〜初心者入門と季語・切れ字の使い方〜
●● トップページへ ●●


姉妹サイト 「季語めぐり 〜俳句歳時記〜」へ
posted by 凡茶 at 18:58 | Comment(0) | 俳句会や吟行について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


袋回し 〜俳句の句会の様々な形式B〜

 「袋回し」という句会の行い方を説明します。

 @幹事さんは、参加者全員に茶封筒などの袋を一枚ずつ配ります。
 合わせて、投句用の短冊を、参加者の数と同じ枚数ずつ一人ひとりに配ります。

 A茶封筒を受け取った参加者は、茶封筒の表に、俳句に詠み込むべきお題を一つ書きます。
 そのお題は、「蝉」「稲刈り」のような季語でも、「髪」「窓」のような無季の言葉でもかまいません。
 お題を季語のみとするか、無季の言葉でも良しとするかは、参加者が話し合って決めます。

 B全員が封筒にお題を書いたら、袋を時計回りに回します。

 C右の人から受け取った袋に書いてあるお題を使って俳句を作り、短冊に書いて袋に入れます。
 全員が袋に短冊を入れ終わったら、再び袋を時計回りに回します。
 
 D「C」の作業を、初めに自分の所にあった封筒が手元に戻ってくるまで繰り返します。
 なお、右隣より袋を受け取ってから、短冊を入れて左隣に袋を渡すまでの時間は、3〜5分ぐらいが適当でしょう。
 これも参加者で話し合って決めてください。

 E自分でお題を書いた袋が手元に戻ってきたら、その袋に、自分で作った俳句も入れます。
 これで投句が完了します。

 F投句が終わったら、袋の中の短冊を取り出し、清記用紙に俳句を書き写します。
 これ以降の作業は、一般の句会と同様になります。
 一般の句会の行い方については、「句会の方法・進め方 〜俳句の投句・選句・披講〜」のページをご覧ください。

 なお、上の説明では、一人の参加者が、一つの袋に入れる俳句の短冊の枚数は、一枚としていますが、制限時間内なら何句でも投句できるというルールで袋回しを行うこともできます。
 その場合は、幹事さんは多めに短冊を用意しておく必要があります。

 袋回しは、短時間で俳句を生み出すということを、連続して行わなければならないので、初心者には大変かもしれません。

 ただ、とても面白い句会形式なので、積極的に参加して想像力を養いましょう。



≪おすすめ商品≫

歳時記の収録されている電子辞書
==============================
CASIO エクスワード XD-D6500GD


 以前は、句会・吟行といえば、辞書や歳時記などを持参しなければならず、これが結構重いものでした。

 しかし、今は歳時記入りの電子辞書が登場したおかげで、ずいぶん持ち物が軽くなりました。

 例えば、左の電子辞書には、次の歳時記が納められています。

合本俳句歳時記 四訂版
現代俳句歳時記
(春・夏・秋・冬・無季)
ホトトギス俳句季題便覧


 また、次のような収録コンテンツも、きっと俳句の実作、吟行に役立つでしょう。

広辞苑 第六版
全訳古語辞典 第三版
漢語林


 読めない漢字も手書きで検索できますし、俳人にとっては実にありがたいですね!

 この電子辞書には、他にも、百科事典や、日本と世界の文学作品(各1000作品)等、さまざまなコンテンツが収められていて、とにかく飽きません。
 世の中便利になったものです。



≪おすすめ歳時記(初心者向け)≫

今はじめる人のための俳句歳時記 新版 
==============================
■ 初心者のことを本当にわかっている歳時記です!


 これから俳句を始めてみようと思っている人、今後俳句を続けるかまだ決めかねているけど、とりあえず始めてみた人などのための歳時記です。

 @まず最初に使いこなせるようになりたい重要季語に的を絞っている、
 A覚えておきたい名句が例句として採用されている、
 B俳句Q&A・句会の方法など、初心者の知りたい情報を巻末にまとめてある、
 Cコンパクトで持ち運びに便利、
 D値段がお手頃


 …等、初心者がはじめに手元に置くには、最適の特徴を備えた歳時記です。

 「私が初学の頃にも、こんな歳時記があったらよかったのに…」と思える一冊です。



≪おすすめ歳時記(初心者&上級者向け)≫

合本俳句歳時記 第四版
==============================
■ 春夏秋冬・新年… コンパクトな一冊に日本の四季が詰まっています!


 合本俳句歳時記は、持ち運びに便利なサイズで、値段も手頃なのに、春夏秋冬・新年、全ての季節の季語が掲載されています。

 大学の俳句会に参加するようになった私が、初めて買った歳時記も合本俳句歳時記でした。

 踏青(春の季語)、薄暑(夏の季語)などそれまで知らなかった言葉や、髪洗ふ(夏の季語)、木の葉髪(冬の季語)など意外な季語と出会うことができ、毎晩、夢中になってページをめくったことを覚えています。

 当時の私が買ったのは第二版でしたが、左の『合本俳句歳時記・第四版』は、季語の解説や掲載されている類語がさらに充実し、初心者にも上級者にもお薦めです。
 これから俳句に誘ってみようと思っているお友達へのプレゼントにも最適です。



≪おすすめ歳時記(上級者向け)≫

カラー版 新日本大歳時記 愛蔵版
==============================
■ 写真・絵の豊富な大歳時記です!


 『カラー版 新日本大歳時記』は、かつて春・夏・秋・冬・新年の全5巻に分けて発売され、大ベストセラーとなった歳時記です。

 “愛蔵版”は、その内容が一冊にまとめられたもので、購入しやすい値段となりました。

 この歳時記は、季語の詳しい解説や古今の名句に加え、写真や絵も豊富に掲載されていて、俳句の勉強になるのはもちろんのこと、鑑賞していて飽きない芸術性の高い一冊でもあります。

 私は、愛蔵版が出る前の全5巻を持っているのですが、この歳時記のおかげで俳人としてスキルアップし、かつ、日本の風土と文化の素晴らしさを再確認することができました。
 この歳時記は、私の俳句生活におけるかけがえのないパートナーであり、大切な財産でもあります。


 

俳句の作り方 〜初心者入門と季語・切れ字の使い方〜
●● トップページへ ●●


姉妹サイト 「季語めぐり 〜俳句歳時記〜」へ
posted by 凡茶 at 02:44 | Comment(0) | 俳句会や吟行について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


勇気を出して初めての句会へ(心構えや持ち物など)

 俳句結社に入会した人や、俳句のクラブに入った人は、さまざまな句会に参加することになります。
 ほとんどの俳人は、句会に出席することで、俳句の腕を磨いていきます。

 しかし、初めて句会に参加するときは、皆、とても緊張するものです。

 「私なんかが句会に出て笑いものにならないだろうか?」
 「何も知らずに句会に出席して、何か、そそうでもしないだろうか?」などと。

 私も初めての句会に参加する前は、あれこれ考えてとても不安になりました。

 また、ある友人を俳句の世界に誘った時も、はじめは興味を持ってくれたのですが、いざ句会となると臆してしまい、結局俳句をやめてしまいました。

 そこで、このページでは、初心者が初めての句会の前に抱きやすい不安や疑問に対して、Q&A方式で答えをお示ししていきたいと思います。

 このページが、初めて句会に参加してみようとする人の不安を少しでも和らげ、楽しい句会の場に勇気を持って一歩を踏み出すための一助になれば幸いです。

 なお、一般的な句会の流れについては、「句会の方法・進め方 〜俳句の投句・選句・披講〜」のページをご覧ください。


■Q1
 初心者の私が拙い俳句を投句することで、ベテランの方々が不快な思いをしたり、邪魔だと思ったりはしないでしょうか?

□A1
 そんな心配、全くする必要はありません。
 ベテランの俳人も、皆、はじめはあなたと同じ初心者だったのです。

 先輩たちは、初めて句会に参加するあなたに、芭蕉や蕪村や一茶のような名句は期待していません。

 先輩たちは、あなたが句会に繰り返し参加していく中で、俳句の腕を徐々に上達させていくことを、わがことのように喜んでくれるでしょう。


■Q2
 選句の時、出来の良い句を選べずに、出来の悪い句を選んでしまい、周囲から顰蹙(ひんしゅく)を買ったりしないでしょうか?

□A2
 何も心配する必要はありません。
 あなたが良いと思った句を堂々と選べばよいのです。

 先生の句と思われるものを選ぼうとか、難しい言葉を使った句はきっとベテランの句なので選ぼうとか、そういうことは一切しないでください。

 名句というものは、俳句の上級者だけではなく、初心者や未経験者の心にも響くものなのです。


■Q3
 せっかく作った俳句が全く評価されず、落ち込んだりしないでしょうか?

□A3
 そうですね。
 句会に参加し始めて間もない頃は、あまりあなたの句は評価されないかもしれません。
 だって、句会の先輩たちは、あなたより長い期間、人の心に響く俳句を作ろうと、ずっと努力してきた人たちなのですから。

 例えば、あなたよりずっと若く、社会的地位も低い人の句が、あなたの何倍もの票を得たとしても、決して落ち込んだり、腹を立てたりしてはだめです。
 「自分なんか俳句作りには向かないからやめてやる!」なんて、やけになってはいけません。

 それよりも、句会で高得点を得た句をよく研究して、今後の俳句作りに役立てていきましょう。
 いつかあなたの俳句も高評価を得る時が来ます。
 うれしいですよ、その時は。


■Q4
 句会には何を持っていけばよいのでしょうか?
 持ち物を教えてください。

□A4
 必ず持っていかなければならないのは、筆記用具と参加費です。
 鉛筆と消しゴム、それからお金を忘れずに持参しましょう。

 その他は、自分で必要と思われるものを持参します。
 いくつか例を示しましょう。

 まずは、句会に出された句を書き留めておくノート。
 家で見返すと勉強になります。

 歳時記、国語辞典、漢和辞典などもあると便利です。
 そうした辞典類が一つにまとまった電子辞書も、たいへん重宝します。
 ただし、音の出るようなものは避けましょう。


■Q5
 句会の最中に、歳時記や辞書をめくること、あるいは電子辞書を使用することは、マナー違反にはなりませんか。

□A5
 句会にもよりますが、ほとんどの場合大丈夫です。
 むしろ、投句された俳句の意味を正確に読みとらないまま評価を下すことの方が、相手に失礼になるのではないでしょうか。
 歳時記や辞書を用いて、しっかり俳句に込められた思いを読み取りましょう。

 ただ、句会の進行を妨げることのないよう、スピーディーに行う必要はあります。
 また、音の出るような電子辞書は避けましょう。


■Q6
 句会にはどんな服装でいけばよいですか。
 スーツを着るなど、正装で参加するべきでしょうか。

□A6
 いいえ。
 フォーマルな(格式張った)服装で参加する必要はありません。
 カジュアルな服装(普段着)で大丈夫です。

 もし心配なら、最初の句会だけ少しフォーマルな服装を心がけ、他の参加者の服装を参考にするとよいでしょう。


■Q7
 句会の会場には、開始時刻の何分前に到着しているべきですか。

□A7
 開始時刻までに投句を済ませておくという句会が多いので、慣れるまでは30分以上前に到着しているつもりで、早めに出かけた方が良いかもしれません。

  
*** *** ***

 このページについては、必要を感じ次第、Q&Aを追加していこうと考えています。

 なお、句会については、俳句結社ごとに少しずつ形態が異なりますから、A4〜A7については、上記の内容を参考にしつつも、各々の句会に合わせて、適切な判断をしてください。



≪おすすめ商品≫

歳時記の収録されている電子辞書
==============================
CASIO エクスワード XD-D6500RD



 以前は、句会・吟行といえば、辞書や歳時記などを持参しなければならず、これが結構重いものでした。

 しかし、今は歳時記入りの電子辞書が登場したおかげで、ずいぶん持ち物が軽くなりました。

 例えば、左の電子辞書には、次の歳時記が納められています。

合本俳句歳時記 四訂版
現代俳句歳時記
(春・夏・秋・冬・無季)
ホトトギス俳句季題便覧


 また、次のような収録コンテンツも、きっと俳句の実作、吟行に役立つでしょう。

広辞苑 第六版
全訳古語辞典 第三版
漢語林


 読めない漢字も手書きで検索できますし、俳人にとっては実にありがたいですね!

 この電子辞書には、他にも、百科事典や、日本と世界の文学作品(各1000作品)等、さまざまなコンテンツが収められていて、とにかく飽きません。
 世の中便利になったものです。



≪おすすめ歳時記(初心者向け)≫

今はじめる人のための俳句歳時記 新版 
==============================
■ 初心者のことを本当にわかっている歳時記です!


 これから俳句を始めてみようと思っている人、今後俳句を続けるかまだ決めかねているけど、とりあえず始めてみた人などのための歳時記です。

 @まず最初に使いこなせるようになりたい重要季語に的を絞っている、
 A覚えておきたい名句が例句として採用されている、
 B俳句Q&A・句会の方法など、初心者の知りたい情報を巻末にまとめてある、
 Cコンパクトで持ち運びに便利、
 D値段がお手頃


 …等、初心者がはじめに手元に置くには、最適の特徴を備えた歳時記です。

 「私が初学の頃にも、こんな歳時記があったらよかったのに…」と思える一冊です。



≪おすすめ歳時記(初心者&上級者向け)≫

合本俳句歳時記 第四版
==============================
■ 春夏秋冬・新年… コンパクトな一冊に日本の四季が詰まっています!


 合本俳句歳時記は、持ち運びに便利なサイズで、値段も手頃なのに、春夏秋冬・新年、全ての季節の季語が掲載されています。

 大学の俳句会に参加するようになった私が、初めて買った歳時記も合本俳句歳時記でした。

 踏青(春の季語)、薄暑(夏の季語)などそれまで知らなかった言葉や、髪洗ふ(夏の季語)、木の葉髪(冬の季語)など意外な季語と出会うことができ、毎晩、夢中になってページをめくったことを覚えています。

 当時の私が買ったのは第二版でしたが、左の『合本俳句歳時記・第四版』は、季語の解説や掲載されている類語がさらに充実し、初心者にも上級者にもお薦めです。
 これから俳句に誘ってみようと思っているお友達へのプレゼントにも最適です。



≪おすすめ歳時記(上級者向け)≫

カラー版 新日本大歳時記 愛蔵版
==============================
■ 写真・絵の豊富な大歳時記です!


 『カラー版 新日本大歳時記』は、かつて春・夏・秋・冬・新年の全5巻に分けて発売され、大ベストセラーとなった歳時記です。

 “愛蔵版”は、その内容が一冊にまとめられたもので、購入しやすい値段となりました。

 この歳時記は、季語の詳しい解説や古今の名句に加え、写真や絵も豊富に掲載されていて、俳句の勉強になるのはもちろんのこと、鑑賞していて飽きない芸術性の高い一冊でもあります。

 私は、愛蔵版が出る前の全5巻を持っているのですが、この歳時記のおかげで俳人としてスキルアップし、かつ、日本の風土と文化の素晴らしさを再確認することができました。
 この歳時記は、私の俳句生活におけるかけがえのないパートナーであり、大切な財産でもあります。




俳句の作り方 〜初心者入門と季語・切れ字の使い方〜
●● トップページへ ●●


姉妹サイト 「季語めぐり 〜俳句歳時記〜」へ
posted by 凡茶 at 04:14 | Comment(0) | 俳句会や吟行について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする