つきすぎの俳句・はなれすぎの俳句

 俳句を始め、句会に参加するようになると、「この句はつきすぎですね」とか、「この句ははなれすぎですね」などという言葉を耳にするようになります。
 あるいは「俳句はつかず、はなれずで」などというアドバイスを受けるようになります。

 つきすぎ即き過ぎ)とは、季語と別の言葉との取り合わせが、誰でも思いつきそうな在り来たりなものであるという意味です。

 はなれすぎ離れ過ぎ)とは、季語と取り合わせた言葉の間の距離感が大きすぎて響き合うところが全くなく、趣きが感じられないという意味です。

 ここでは、「つきすぎ」、「はなれすぎ」ということについて述べてみたいと思います。

≪つきすぎ(即き過ぎ)≫

 俳句を初めて間もない頃、大学の句会で次のような俳句を投句しました。

  星冴ゆる風呂屋帰りの味噌ラーメン
      星冴ゆ=冬の季語。寒さのため、星の輝きまでもが凍りつきそうなさま。

 しかし、参加したメンバーは誰一人としてこの句を採っては(佳句として選んでは)くれませんでした。
 冬空の凍える星と、風呂上がりに食べる温かい味噌ラーメンの取り合わせが、「つきすぎ」なのだと、皆さんがおっしゃいました。

 この種の取り合わせは、誰しもが思いつく在り来たりな取り合わせで、こういう俳句を見せられても、何の感動も覚えないと言ういうわけです。

 私も初学者なりに一生懸命作った一句だったので、あまりの低評価にショックを受けましたが、これ以来、季語と別の言葉を取り合わせる際は「つきすぎ」にならぬよう、十分注意するようになりました。

 それから何年か経った後、別の句会で次のような句を投句しました。

  桜湯や初めて結ひし日本髪
      桜湯=塩漬けにした桜の花を入れた湯。

 この句に関しては、かなり自信を持って投句し、実際に句会でも何人かの方が採って下さいました。
 しかし、句会の先生はこの句を採ってはくれませんでした。

 選評の際、なぜこの句を採って下さらなかったのか先生に尋ねると、晴れの席で飲まれる「桜湯」という季語と、晴れの席で女性が結う「日本髪」の取り合わせが、「つきすぎ」なのだと言うのです。

 「なるほど…」いやはや俳句とは奥深く、手強いものです。

 家に帰り、私はこの句を何とか一人前の句に成長させようと次のように改めました。

  初めての日本髪解く梅月夜 (凡茶)

 そして、この句を会誌に投句すると、今度は先生からも高く評価していただき、私の代表作となりました。
 「つかず、はなれず」の丁度よい取り合わせを見つけられたようです。


≪はなれすぎ(離れ過ぎ)≫

 俳句を初めて二,三年経った頃、「古都の夕雨(ゆうさめ)田に畑に」という七五調のフレーズが頭に浮かび、これになんとかして季語を取り合わせて一句に仕立てようと、試行錯誤したことがあります。

 そして、私は次のような俳句を完成させ、句会に出しました。

  猪や古都の夕雨田に畑に
      猪=いのしし。秋の季語。

 結果は大失敗で、誰もこの句を採ってはくれませんでした。
 選評の際、皆さんに感想を伺うと、「古都の夕雨田に畑に」の中七・座五は良いが、それと「猪」が「はなれすぎ」で、趣を感じないとのことでした。

 二物衝撃の効果を狙い過ぎ、あまりに距離感のある季語を取り合わせてしまったようです。

 数ヵ月後、私は、次のように句を改良して、会誌に投句し、今度は無事に掲載されました。

  紙雛や古都の夕雨田に畑に (凡茶)
      紙雛=紙で作ったお雛(ひな)さま。

 「紙雛」という「つかず、はなれず」の良い季語が見つかり、私のお気に入りの一句となりました。



≪おすすめ・俳句の本≫

佳句が生まれる「俳句の形」 凡茶
==============================
■ 当サイトの筆者が執筆した本です!
■ 電子書籍(Kindle本)と製本版(紙の本)から選べます!


 

 
 上の商品リンクのうち、左が電子書籍(Kindle本)のものです。廉価な商品となっており、購入・ダウンロード後、ただちにお読みいただけるというメリットがあります。Kindle本については、下で説明します。

 上の商品リンクのうち、右が製本版(紙の本)のものです。「やっぱり本は、紙のページをめくりながら読みたいなあ…」という方のために用意させていただきました。
 オンデマンド (ペーパーバック)という、注文ごとに印刷・製本されるタイプの本です。

 いずれかをクリックすると、本著の詳しい内容紹介や目次を見られるAmazonのページが開くので、気軽に訪れてみて下さい。

 さて、俳句には、読者の心に響く美しい形というものがいくつか存在します。

 例えば、次の名句は、いずれも中七の後ろを「けり」で切り、座五に名詞を据える形をしています。

  ●凩(こがらし)の果(はて)はありけり海の音(言水)
  ●ひた急ぐ犬に会ひけり木の芽道(中村草田男)

 また、次の名句は、いずれも名詞で上五の後ろを切り、句末は活用語の終止形で結ぶ形をしています。 

  ●芋の露連山影を正しうす(飯田蛇笏)
  ●秋の暮大魚の骨を海が引く(西東三鬼)

 筆者(凡茶)も、名句の鑑賞を通じて、このような美しい俳句の形を使いこなせるようになることで、次のような自信作を詠むことができました。

  ●糸取りの祖母逝きにけり雪解雨(凡茶)
  ●露の玉工場ドスンと始まりぬ(凡茶)

 この本は、こうした佳句の生まれやすい美しい俳句の形を、読者の皆様に習得していただくことを目的としています。

 なお、この本は、前著『書いて覚える俳句の形 縦書き版/横書き版』(既に販売終了)を、書き込み型テキストから「純粋な読み物」に改め、気軽に楽しめる形に書き変えて上梓したものです。

 あちこち加筆・修正はしてあるものの、内容は重複する部分が多いので、すでに前著『書いて覚える俳句の形』をお持ちの方は、本著の新たな購入に際しては慎重に検討してください


●Kindle本について

 Kindle(キンドル)本とは、Amazonで購入できる電子書籍のことです。

 パソコン・スマホ・タブレットなどに無料でダウンロードできるKindleアプリを使って読むことができます。

 あるいは、紙のように読めて目に優しく、使い勝手も良い、Kindle専用の電子書籍リーダーで、快適に読むことも出来ます。

  

   





俳句で楽しく文語文法 山西雅子著
==============================
■ 文語文法を学ぶことと、俳句を鑑賞することが同時に楽しめます!

 文語文法(古語文法)の得意、不得意は、俳句の世界に足を踏み入れるか否かを決める際、結構、気持ちを左右するものです。

 私も理系学生でしたから、大学の俳句会に入る前、文法も知らずに俳句なんか始めても恥をかくかもしれないと、少し躊躇しました。

 左の本は、古今の俳句を例にとって、文語文法をやさしく丁寧に解説してくれる本です。私のような文語文法に自信のない俳人の、心強い味方です。






俳句の作り方 〜初心者入門と季語・切れ字の使い方〜
●● トップページへ ●●


姉妹サイト 「季語めぐり 〜俳句歳時記〜」へ
この記事へのコメント