取り合わせ(ニ物衝撃)と一物仕立ての基礎知識

≪取り合わせ・ニ物衝撃≫

 白梅を模した練り菓子を、アルミホイルを敷いた紙皿に載せて出されても、あまり美味しそうに感じることはできません。
 しかし、漆器のお皿に載せて出されれば、とても美味しそうに感じることができます。

 逆に、炙ったスルメを漆器のお皿に上品に並べられても、さほど食欲は湧きませんが、アルミホイルを敷いた紙皿にどっさり盛られると、腹がぐうと鳴ります。

 このように、多くのモノは、上手に別のモノと取り合わせることによって、互いに真価を引き出しあって、単独では発揮できなかった良さを生み出します。

 俳句にも、一句の中で、二つの事物(主に、季語と別のモノ・コト)を取り合わせることで、両者に相乗効果を発揮させて、読者を感動に導くような句が多く見出されます。

 そのような俳句を取り合わせの句、または、配合の句と呼びます。
 そして、取り合わせの句で、二つの事物が醸し出す効果・妙趣を、ニ物衝撃(にぶつ・しょうげき)と言います。

 実際に、取り合わせの句、つまり、ニ物衝撃の妙味が醸し出されている句をいくつか見てみましょう。

  花の雲鐘は上野か浅草か (松尾芭蕉)

  味噌豆の熟ゆる匂ひやおぼろ月 (中村史邦)
      熟ゆる=にゆる。

  けいこ笛田はことごとく青みけり (小林一茶) 

  初雪や少年院へ運ぶパン (凡茶) 

 一句目では「花の雲」(雲のように咲き誇る桜)と「鐘の音」、二句目では「味噌豆の煮える匂い」と「おぼろ月」、三句目では「けいこ笛」と「青田」、四句目では「初雪」と「少年院へ届けるパン」が、互いの良さを引き立て合っています。

 これらの俳句は、みな途中に切れが入る俳句(二句一章の俳句)で、切れの前に登場する事物と、後に登場する事物が互いに響き合っています。

 しかし、取り合わせの俳句、二物衝撃の句は、途中に切れの入らない一句一章の俳句でも作ることができます。
 例を見てみましょう。

  海士の屋は小海老にまじるいとどかな (松尾芭蕉)

  まさかりで柿むく杣が休みかな (水田正秀)

  あぢさゐに喪屋の灯うつるなり (加藤暁台)
      喪屋=もや。 灯=ともしび。

  襟巻をして東京の音の中 (凡茶)

 一句目では「たくさんの小海老」とそこに一匹まじった「いとど(カマドウマ)」、二句目では「柿」と「まさかり」、三句目では「あじさい」と「喪屋の灯」、四句目では「襟巻」(マフラー)と「東京の音」が二物衝撃の効果を醸し出しています。

 取り合わせ(二物衝撃)の句は初学の方でも比較的作りやすいので、季語をいろんな事物と組み合わせて、俳句の読者を「はっ」と思わせるような妙味を引き出して見ましょう。

 俳句という映画に、季語と言うヒロインと、取り合わせの語という助演男優を起用する監督になったつもりで、楽しんでみてください。
 当サイトでは、別ページでも、様々な取り合わせ・二物衝撃の可能性を探っていきたいと思います。

≪一物仕立て≫

 俳句には、他の事物と取り合わせずに、対象となる季語だけに意識を集中させ、その状態や動作を詠んだものもあります。
 そのような俳句を、一物仕立て(いちぶつじたて、あるいは、いちもつじたて)の俳句と言います。

 「一物仕立て」の句をいくつか見てみましょう。

  びいと啼く尻声悲し夜の鹿 (松尾芭蕉)

  春の海終日のたりのたり哉 (与謝蕪村)
      終日=ひねもす 哉=かな

  青柳や二すじ三筋老木より (佐久間長水)

  眼の限り臥しゆく風の薄かな (吉分大魯)

  大蛍ゆらりゆらりと通りけり (小林一茶)

 これらの句では、季語と別の事物を取り合わせていません。
 一句目は「鹿の鳴き声」、二句目は「春の海」、三句目は「柳の老木」、四句目は「辺り一面に広がるの薄(すすき)」、五句目は「大きな蛍の飛翔」だけが詠まれています。

 さて、こうした一物仕立ての句は、取り合わせの句に比べ、実はすごく作るのが難しいものなのです。
 一物仕立ての俳句は、季語の状態や動作を解説したような「理屈っぽい句」、読者に新鮮な感動を与えない「ありきたりな句」、工夫の足りない「安易な見たての句」になりやすく、佳句を生み出すのは容易ではありません。

 したがって一物仕立ての句は、取り合わせの句と比べると、ずっと数が少なくなります。
 私などは、一物仕立ての句は、今まで作ってきた句の一割程度かもしれません。

 しかし、一物仕立ての句は、いいものが出来るとすごく気持ちいいし、読者の心に強く響く、力強い俳句になることがあります。
 ですから、句会や俳句雑誌で評価される句を作るのは大変かもしれませんが、みなさんにも一物仕立ての句に果敢に挑戦していただきたいと思います。

 最後に、私の一物仕立ての句も、いくつか紹介させていただきます。

  蟷螂の共食ひ鎌を食ひ残す (凡茶)
      蟷螂=とうろう。カマキリのこと。

  おかはりのたび青の増す七日粥 (凡茶)

  白ワインほどの色ある春愁ひ (凡茶)

  春の川底の荒きを喜べり (凡茶)



≪おすすめ商品≫

歳時記の収録されている電子辞書
==============================
CASIO エクスワード XD-D6500BK


 以前は、句会・吟行といえば、辞書や歳時記などを持参しなければならず、これが結構重いものでした。

 しかし、今は歳時記入りの電子辞書が登場したおかげで、ずいぶん持ち物が軽くなりました。

 例えば、左の電子辞書には、次の歳時記が納められています。

合本俳句歳時記 四訂版
現代俳句歳時記
(春・夏・秋・冬・無季)
ホトトギス俳句季題便覧


 また、次のような収録コンテンツも、きっと俳句の実作、吟行に役立つでしょう。

広辞苑 第六版
全訳古語辞典 第三版
漢語林


 読めない漢字も手書きで検索できますし、俳人にとっては実にありがたいですね!

 この電子辞書には、他にも、百科事典や、日本と世界の文学作品(各1000作品)等、さまざまなコンテンツが収められていて、とにかく飽きません。
 世の中便利になったものです。



≪おすすめ・俳句の本≫

俳句の宇宙 長谷川櫂著
==============================
■ 俳句は深くて、面白いなあ… 心からそう思えた本でした!


 最も私の心をとらえたのは第四章「間について」
 この章を読み、俳句の「切れ」を「間」と捉え、その「間」をじっくり味わおうとするようになってから、既に目にしていた名句が、それまでとは違って見えてくるようになりました。

 また、第七章「宇宙について」も、面白くてあっという間に読んでしまいました。
 この章で、「造化」というものに関する著者の考え方を読んでから、芭蕉の時代の句に接する際は、その句が生み出される場としての「造化」というものを読み取ってみようと意識するようになりました。
 もちろん、私ごときが読み取ろうと思って読み取れるような浅いものではないのですが…

 とにかくこの本は、
 「自分が足を踏み入れた俳句の世界は、どこまでも深いんだなあ。そして、深みに潜れば潜るほど、新しい面白みに接することができるんだなあ… 」
 そんな気持ちにさせてくれる一冊でした。




俳句の作り方 〜初心者入門と季語・切れ字の使い方〜
●● トップページへ ●●


姉妹サイト 「季語めぐり 〜俳句歳時記〜」へ
posted by 凡茶 at 21:54 | Comment(1) | より上手に俳句を作るコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
学校の宿題で、俳句を、考えるのがあったからみた。
参考にしてみます。

Posted by 中学生 at 2012年08月30日 14:45