兼題 〜俳句の句会の様々な形式@〜

 「句会の方法・進め方 〜俳句の投句・選句・披講〜」のページでは、一般的な句会の進め方を説明しました。

 そこでは、句会に投句する俳句は、句会が開催される季節の季語を入れて詠んだものならば、他に制約・約束事は設けられないのが普通であるいうことを述べました。

 そして、そのような自由な投句の方式を「当季雑詠(とうきざつえい)」と呼びます。

 この当季雑詠に対し、あらかじめ用いるべき季語や言葉が決められていて、そのルールにしたがって作った俳句を持ち寄る方式を「兼題」といいます。

 例えば梅雨時に行われる句会ならば、「梅雨」「蝸牛(カタツムリ)」「紫陽花(アジサイ)」などの季語が、よく兼題に選ばれます。
 あるいは、「犬」「猫」「靴」「鏡」など、季語以外の言葉が兼題として選ばれることもあります。

 次の二句は、おそらく私が始めて参加した兼題の句会に持っていった俳句だったと記憶しています(ずいぶん昔のことで、少し曖昧な記憶ですが…)。
 この時の兼題は「雷」(かみなり・らい)でした。

  豚積んでトラック雷をくぐりゆく (凡茶)

  遠雷や病床の父髭を剃る (凡茶)

 兼題で句会を行うことのメリットは二つあります。

 一つは、句会までの数日間から数週間、兼題となった季語・言葉とじっくり向き合うことができるということです。

 その季語や言葉を使って繰り返し俳句を作っているうちに、季語・言葉が深い所にかくし持っていたイメージ、季語・言葉の持つリズムや調べ、季語・言葉の持つ歴史などが見えてきて、とても勉強になります。 
 
 もう一つは、句会における選句の目を養うことができるということです。
 兼題の場合、参加者はあらかじめ用いられる季語や言葉についてじっくり勉強し、例句などを味わい尽くしてから句会に臨みますから、俳句を鑑賞する能力が高まっています。
 そのような状態で選句をすると、それまでには持てなかった視点で、句を冷静に、客観的に、適切に評価できるものです。

 そういったわけで兼題の句会は、自らの俳句作りの実力を高めるのにとても役立ちます。
 初心者の方は、できるだけ積極的に兼題の句会に参加しましょう。



≪おすすめ・俳句の本≫

佳句が生まれる「俳句の形」 凡茶
==============================
■ 当サイトの筆者が執筆した本です!
■ 電子書籍(Kindle本)と製本版(紙の本)から選べます!


 

 
 上の商品リンクのうち、左が電子書籍(Kindle本)のものです。廉価な商品となっており、購入・ダウンロード後、ただちにお読みいただけるというメリットがあります。Kindle本については、下で説明します。

 上の商品リンクのうち、右が製本版(紙の本)のものです。「やっぱり本は、紙のページをめくりながら読みたいなあ…」という方のために用意させていただきました。
 オンデマンド (ペーパーバック)という、注文ごとに印刷・製本されるタイプの本です。

 いずれかをクリックすると、本著の詳しい内容紹介や目次を見られるAmazonのページが開くので、気軽に訪れてみて下さい。

 さて、俳句には、読者の心に響く美しい形というものがいくつか存在します。

 例えば、次の名句は、いずれも中七の後ろを「けり」で切り、座五に名詞を据える形をしています。

  ●凩(こがらし)の果(はて)はありけり海の音(言水)
  ●ひた急ぐ犬に会ひけり木の芽道(中村草田男)

 また、次の名句は、いずれも名詞で上五の後ろを切り、句末は活用語の終止形で結ぶ形をしています。 

  ●芋の露連山影を正しうす(飯田蛇笏)
  ●秋の暮大魚の骨を海が引く(西東三鬼)

 筆者(凡茶)も、名句の鑑賞を通じて、このような美しい俳句の形を使いこなせるようになることで、次のような自信作を詠むことができました。

  ●糸取りの祖母逝きにけり雪解雨(凡茶)
  ●露の玉工場ドスンと始まりぬ(凡茶)

 この本は、こうした佳句の生まれやすい美しい俳句の形を、読者の皆様に習得していただくことを目的としています。

 なお、この本は、前著『書いて覚える俳句の形 縦書き版/横書き版』(既に販売終了)を、書き込み型テキストから「純粋な読み物」に改め、気軽に楽しめる形に書き変えて上梓したものです。

 あちこち加筆・修正はしてあるものの、内容は重複する部分が多いので、すでに前著『書いて覚える俳句の形』をお持ちの方は、本著の新たな購入に際しては慎重に検討してください


●Kindle本について

 Kindle(キンドル)本とは、Amazonで購入できる電子書籍のことです。

 パソコン・スマホ・タブレットなどに無料でダウンロードできるKindleアプリを使って読むことができます。

 あるいは、紙のように読めて目に優しく、使い勝手も良い、Kindle専用の電子書籍リーダーで、快適に読むことも出来ます。

  

   




≪おすすめ商品≫

歳時記の収録されている電子辞書
==============================
CASIO エクスワード XD-D6500BK


 以前は、句会・吟行といえば、辞書や歳時記などを持参しなければならず、これが結構重いものでした。

 しかし、今は歳時記入りの電子辞書が登場したおかげで、ずいぶん持ち物が軽くなりました。

 例えば、左の電子辞書には、次の歳時記が納められています。

合本俳句歳時記 四訂版
現代俳句歳時記
(春・夏・秋・冬・無季)
ホトトギス俳句季題便覧


 また、次のような収録コンテンツも、きっと俳句の実作、吟行に役立つでしょう。

広辞苑 第六版
全訳古語辞典 第三版
漢語林


 読めない漢字も手書きで検索できますし、俳人にとっては実にありがたいですね!

 この電子辞書には、他にも、百科事典や、日本と世界の文学作品(各1000作品)等、さまざまなコンテンツが収められていて、とにかく飽きません。
 世の中便利になったものです。





俳句の作り方 〜初心者入門と季語・切れ字の使い方〜
●● トップページへ ●●


姉妹サイト 「季語めぐり 〜俳句歳時記〜」へ
posted by 凡茶 at 19:07 | Comment(0) | 俳句会や吟行について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント