字足らずの俳句

 「字余りの俳句」のページにも書きましたが、俳句は五・七・五音で作るのが原則です。
 それは、和歌などで古くから用いられてきた五七五音は、口に出してみると実に心地よいリズムを持っているからです。

 この五七五音の定型よりも少ない音数で作られた俳句を「字足らず」と言います。

 意味ばかりを重視して安易に作った字余りの俳句は、とても聞き心地が悪いものですが、字足らずの俳句のリズムの悪さは、その比ではありません。
 例を示してみましょう。
 次の俳句は、私のお気に入りの俳句です。

  暫くは猫を摩りて門火あと (凡茶)
      暫く=しばらく。 摩りて=さすりて。 門火=かどび。秋の季語。

 これをわざと字足らずの五・六・五音、五・七・四音にしたものが次です。

  【五・六・五】暫くは/猫摩りて/門火あと
  【五・七・四】暫くは/猫を摩りて/送り火

 口に出して見てください。
 リズムがすごく悪くなっていると思います。
 ですから、字足らずの俳句は、極力避けねばなりません。

 ただし、字足らずが気にならない例外はあります。
 それは「短日(たんじつ)」という季語を「日短(ひみじか)」という形で座五に置く場合です。
 次の俳句を読んでみてください。

  紙相撲塾に流行るや日短か (凡茶)

 ここで座五の日短かは四音ですが、「ひ_みじか」のように、「ひ」の字と「み」の字のあいだに「間(ま)」をとって五音のように読むことができるので、字足らずが気になりません。
 あるいは、「ひぃみじか」のように、「ひ」と「み」のあいだに、「い」に近い音を入れて、五音のように読むこともできます。
こうすると、短日らしいせわしなさが出て、面白い句になることがあります。

 この「日短か」の部分を「日の短か」あるいは「日短し」と表現することも出来ますので、自分の句に最もふさわしいのはどれか、何度も口に出して試してみると良いでしょう。



≪おすすめ・俳句の本≫

俳句の入口 〜作句の基本と楽しみ方 藤田湘子著
==============================
■ 俳句はリズムである… 大切なことを教えてくれた一冊です。


 左の本に出会うまでは、伝えたいこと、表現したいことを無理やり五七五の定型に詰め込むような俳句作りをしていました。

 つまり以前の私にとって、定型は約束事だから仕方なしに守る制約にすぎなかったのです。

 しかし、この本を読んで、俳句は韻文であり、大切なのはリズムであることを知ると、定型、切れ字等の大切さが少しずつわかるようになっていきました。

 「意味」から「音」へ!
 私の俳句に対する意識を大きく変えてくれた一冊です。



新版20週俳句入門 藤田湘子著
==============================
■ どこに出しても恥ずかしくない俳句を詠めるようになる本です

 昭和63年に出された旧版『20週俳句入門』があまりにも優れた俳句の指導書であったため、平成22年に改めて出版されたのが、この『新版20週俳句入門』です。

 この本は、
   〔型・その1〕 季語(名詞)や/中七/名詞
   〔型・その2〕 上五/〜や/季語(名詞)
   〔型・その3〕 上五/中七/季語(名詞)かな
   〔型・その4〕 季語/中七/動詞+けり

 の4つの型を、俳句を上達させる基本の型として、徹底的に読者に指導してくれます。

 これらをしっかり身につけると、どこに出しても恥ずかしくない俳句を詠めるようになるでしょう。

 王道の俳句を目指す人も、型にとらわれない斬新な俳句を目指す人も、一度は読んでおきたい名著です。




俳句の作り方 〜初心者入門と季語・切れ字の使い方〜
●● トップページへ ●●


姉妹サイト 「季語めぐり 〜俳句歳時記〜」へ
posted by 凡茶 at 04:14 | Comment(0) | 俳句の定型について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント