上五・中七・座五

 俳句とは何か?のページで述べたとおり、俳句は五・七・五音で作ります。
 まず、次の私の句を見てください。

  朝凪の海を拝みて杖拾ふ (凡茶)
  
  あさなぎの(五)/うみをおがみて(七)/つえひろう(五)
  朝凪=夏の季語

 たしかに、五七五音になってますね。

 ここで、「あさなぎの」に当たる初めの五音を「上五」、「うみをおがみて」に当たる次の七音を「中七」、「つえひろう」に当たる最後の五音を「座五」、または「下五」と俳句では呼びます。
 先輩の俳人がたびたび使う用語です。
 覚えておきましょう。



≪おすすめ・俳句の本≫


書いて覚える俳句の形 縦書き版/横書き版 凡茶
==============================
■ 当サイトの筆者が執筆したダウンロードするテキストです!


DLmarketで購入 【書いて覚える俳句の形 〜縦書き版〜】

DLmarketで購入 【書いて覚える俳句の形 〜横書き版〜】

 俳句には、読者の心に響く美しい形というものがいくつか存在します。

 例えば、次の二句は、上五の名詞で一旦切り、座五の「けり」でも句末を切る形をしています。

  ●月天心貧しき町を通りけり  蕪村
  ●赤蜻蛉筑波に雲もなかりけり  正岡子規

 次の二句は、形容詞の終止形で中七の後ろを切り、座五に名詞を据える形をしています。

  ●五月雨をあつめて早し最上川  芭蕉
  ●鐘ひとつ売れぬ日はなし江戸の春  其角

 このテキストは、このような俳句の美しい形を、読者の皆様に習得していただくことを目的としています。

 ダウンロードしたpdfファイルのお好きなページをプリンターで印刷し、そこに直接名句を書き込むことで、心に響きやすい俳句の形を身につけていただきたいと願っています。

 なお、本来俳句は縦書きで表記するものですが、パソコン画面上で読む機会が多くなる方のために、縦書き版のほかに、横書き版もご用意しました。
 上の画像・リンクから商品の紹介ページに進んでいただくと、目次や、本文の一部が確認できるような機能もついています。ぜひ中身をお確かめください。

 また、ダウンロード版と一緒に製本版も購入できますので、よろしかったら検討してみて下さい。

 ◎次のリンクは、本サイトにアップした紹介記事です。
   ダウンロード本『書いて覚える俳句の形』の紹介




カラー版 初めての俳句の作り方
―写真を見ながらすぐ句作ができる
 石 寒太著
==============================
■ 写真を見ながら俳句を勉強できる画期的な入門書です!


 俳句のきまりごとや技術的なこともしっかり学べる入門書ですが、この本の最大の長所は、写真が豊富であるという点です。

 俳句は、実際に風景や花などを見ながら勉強すると上達が早いのですが、この本があれば、家に居ながらにして、季節の景物を視覚で楽しみながら、俳句をひねることができます。

 今、大人気の一冊です。



今はじめる人のための俳句歳時記 新版 
==============================
■ 初心者のことを本当にわかっている歳時記です!


 これから俳句を始めてみようと思っている人、今後俳句を続けるかまだ決めかねているけど、とりあえず始めてみた人などのための歳時記です。

 @まず最初に使いこなせるようになりたい重要季語に的を絞っている、
 A覚えておきたい名句が例句として採用されている、
 B俳句Q&A・句会の方法など、初心者の知りたい情報を巻末にまとめてある、
 Cコンパクトで持ち運びに便利、
 D値段がお手頃


 …等、初心者がはじめに手元に置くには、最適の特徴を備えた歳時記です。

 「私が初学の頃にも、こんな歳時記があったらよかったのに…」と思える一冊です。




俳句の作り方 〜初心者入門と季語・切れ字の使い方〜
●● トップページへ ●●


姉妹サイト 「季語めぐり 〜俳句歳時記〜」へ
posted by 凡茶 at 00:38 | Comment(0) | 俳句の定型について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。