俳句とは何か?(初心者の方へ)

 俳句とは何か?
 その答えはじつに簡単です。
 俳句とは、季語を入れた五・七・五音の短い詩です。

 次の松尾芭蕉の俳句は、おそらく最も有名な俳句ですが、確かに五・七・五音で季語が入っています。

  古池や蛙飛びこむ水のをと (芭蕉)
  
  ふるいけや(五)/かはづとびこむ(七)/みずのをと(五)
  蛙=春の季語

 次の私の俳句も、五七五音で季語の入った、同じ姿をしています。

  冬虹のまだある空へ伝書鳩 (凡茶)

  ふゆにじの(五)/まだあるそらへ(七)/でんしょばと(五)
  冬虹(冬の虹)=冬の季語

 ここで、小さい「ょ」は一字に数えません。「しょ」で一音になります。

 どうですか? 単純なつくりをしていると思いませんか。
 これなら自分にも作れるかも…
 そんな気がしてきませんか?

 その通り!
 俳句は誰にでも作ることができます。
 だから初心者の方も、臆することなく俳句の世界に飛び込んでみてください。
 まずは、楽な気持で一句詠んでみましょう



≪おすすめ・俳句の本≫

カラー版 初めての俳句の作り方
―写真を見ながらすぐ句作ができる
 石 寒太著
==============================
■ 写真を見ながら俳句を勉強できる画期的な入門書です!


 俳句のきまりごとや技術的なこともしっかり学べる入門書ですが、この本の最大の長所は、写真が豊富であるという点です。

 俳句は、実際に風景や花などを見ながら勉強すると上達が早いのですが、この本があれば、家に居ながらにして、季節の景物を視覚で楽しみながら、俳句をひねることができます。

 今、大人気の一冊です。



新版20週俳句入門 藤田湘子著
==============================
■ どこに出しても恥ずかしくない俳句を詠めるようになる本です

 昭和63年に出された旧版『20週俳句入門』があまりにも優れた俳句の指導書であったため、平成22年に改めて出版されたのが、この『新版20週俳句入門』です。

 この本は、
   〔型・その1〕 季語(名詞)や/中七/名詞
   〔型・その2〕 上五/〜や/季語(名詞)
   〔型・その3〕 上五/中七/季語(名詞)かな
   〔型・その4〕 季語/中七/動詞+けり

 の4つの型を、俳句を上達させる基本の型として、徹底的に読者に指導してくれます。

 これらをしっかり身につけると、どこに出しても恥ずかしくない俳句を詠めるようになるでしょう。

 王道の俳句を目指す人も、型にとらわれない斬新な俳句を目指す人も、一度は読んでおきたい名著です。




俳句の作り方 〜初心者入門と季語・切れ字の使い方〜
●● トップページへ ●●


姉妹サイト 「季語めぐり 〜俳句歳時記〜」へ
posted by 凡茶 at 03:13 | Comment(3) | 入門 〜俳句の作り方〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
凡茶さま

お邪魔致します。右上の湯呑み茶碗がほんわかしていて良いですね。こちらに来てからは、毎朝、日本茶でスタートしますが、お湯は電子レンジで沸かして、容器はマグカップです(笑)。

御紹介して下さっている「初めての俳句の作り方」は、凡茶さまのサイトにたどり着く前に、アマゾンで調べて、購入している方々の星の数が多かったので、既に購入リストに入っていました。

「新版20週俳句入門」は、凡茶さまのお勧めで知ったのですが、是非!と思っています。ただ、自分に理解出来るかが疑問です(苦笑)。

寒戻るシャイナ太陽後退り

Posted by 茜 at 2012年02月17日 06:50
茜さま。
日本は寒さが戻り大変ですが、そちらも同じみたいですね。

 冴返る文字の小さき露和辞典
Posted by 凡茶 at 2012年02月18日 01:02
ツツジ咲く
我が庭園に
眺むらん
     光男
Posted by 野村光男 at 2013年05月23日 21:14